1. TOP
  2. マツダの正しい運転姿勢

マツダの正しい運転姿勢

 2015/09/15 腰痛 座り方
この記事は約 3 分で読めます。 2,219 Views
運転姿勢

腰痛が多い車の運転

 

正しい運転姿勢

 

 

パソコン作業以外にも、「座る」ことは腰痛に直結しやすいもの。 最近ではマツダが「正しい運転姿勢」という切り口でプロモーションをやっています。

 

http://response.jp/article/2015/05/24/251851.html

 

正しい運転姿勢ということは、今までの運転姿勢は正しくないことを意味していますね。

 

日本にはそもそも椅子文化もありません。 そのため靴と同じように椅子のクォリティも低く、その結果、座り仕事で腰痛になる人が増えてしまいます。 体に良くない物をつかっているのですから、当たり前と言えば当たり前です。

 

オフィスワークなど座り時間が長い人ほど、健康管理を怠ると腰痛になるのはしかたないことでもあります。

 

それでもちょっとした工夫で、腰への負担を減らすことができますので、自己防衛をして気をつけましょう。

 

 

正しい運転姿勢はリラックスできる姿勢

 

マツダの車両実験部・大坪智範さんによると、【理想の運転姿勢とは、「全身がリラックスした状態」】とのこと。その具体的は方法を引用すると、以下の通り。

 

最初にシートをめいっぱい後ろに下げ、高さも低くする。そこでシートのリクライニングの角度を調整する。お腹が苦しくない、腰がリラックスした角度を探すのだ。続いてシートの前後位置を調整する。ブレーキペダルを踏んで、足首が窮屈でない場所までシートを前進させる。続いては、シートの高さだ。ボンネットの前から4分の3の位置が見えるところまでシートを高くする。この日は、指導員がボンネットの位置を指示し、そこが見えるところまでシートを高くしていた。その次はステアリングの位置だ。腕を真っ直ぐに伸ばした状態で、手のひらがステアリング上部にあたるところに、ステアリングの前後位置を定める。そして最後に、メーターリングがステアリングの中に見えるように、ステアリングの角度を調整。

 

文字だけだとなんだかわかったようなわからないような・・・  ですが、腰痛の本質は腰への負担ですので、最重要ポイントは、【お腹が苦しくない、腰がリラックスした角度を探すのだ。】なわけです。

 

シートやリクライニング(背もたれ)などの調整は、【お腹を苦しくさせないため】なわけです。 お腹が苦しくなるのは、背中を丸めた前傾姿勢ですね。 つまり前傾しないための【角度を探すのだ】というのが答えでしょう。

 

 

前傾しない背もたれの角度

 

【お腹を苦しくさせないため】に、【角度を探すのだ】ということです。 じゃぁ背もたれの角度はどうしたらいいのか? と思ってしまいますが、マツダがすごいのはここの【最初にシートをめいっぱい後ろに下げ】るところ。

 

背もたれの角度のためには、上半身の背もたれではなく、まず下半身のシートからきめていること。 逆説的ですが、【腰痛にならない座り方】を考えれば当然です。

 

これはパソコンチェアなどでも同じ。 椅子の高さが低いと膝が曲がった状態になるので、腰が曲がりまる。そして腰の負担が限界を超えると、腰痛になるだけ。

 

ただ車の運転士性の場合は、アクセルやブレーキ、ステアリング、車高に体を合わせる必要があるのは、しかたないこと。 それでも体の原理原則を守れば、体の疲れ具合も安全運転にも影響を及ぼすわけです。

 

 

まとめ

 

車の運転姿勢でも、骨盤の角度を守った方がいい

 

\ SNSでシェアしよう! /

腰痛にならない座り方の注目記事を受け取ろう

運転姿勢

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

腰痛にならない座り方の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kuwanokazuya

この人が書いた記事  記事一覧

  • 腰痛の原因は、仙腸関節のゆがみ

  • 田園都市線のヘッドレストは腰痛になりそう

  • 森下千里のゴルフ姿勢にヒントあり

  • 70度・ランドセル職人の座り方

関連記事

  • 座禅から学ぶ、骨盤を立てて姿勢よく座る方法

  • その座り方は大丈夫?腰痛の原因になる正しい座り方

  • 医学的には非常識?自分の体でしゃがみ姿勢チェック

  • スタンディングデスク歴10年

  • 背もたれ座り・座り方タイプ診断

  • 腰痛になる座り方、腰に負担をかけない座り方