1. TOP
  2. 慢性的な腰痛やゆがみも解消!そのコツは呼吸♪

慢性的な腰痛やゆがみも解消!そのコツは呼吸♪

 2019/10/06 美容・ダイエット
この記事は約 3 分で読めます。 58 Views
レコーディング

クロワッサン2019年10月10日号 1006号

クロワッサン 2019年10/10号No.1006 [日々の習慣で、不調を解消。]

新品価格
¥540から
(2019/10/6 16:32時点)

慢性的な腰痛やゆがみも解消!という特集が「ゼロポジ座り」の中村格子さんの記事です。
ウラモトユウコさんのイラストで、とてもわかりやすく図解で説明されています。

 

膝は座骨より下

もピントをズバリ!
何どもお伝えしていますが、正しい座り方は膝を下げる。
もうここまで明確に理解されている整形外科医は、なかなかいないでしょう。

膝は座骨より下
【画像引用:クロワッサン2019年10月10日号 1006号】

 

↓ダメな例は、昔言われていた膝を90度にする「正しい座り方」ね。

その座り方は大丈夫?腰痛の原因になる正しい座り方

これだと膝が座骨とほぼ同じ高さになってしまいます。

ちなみに膝が座骨とほぼ同じ高さになるとどうなるか?
骨盤が後ろの倒れてしまいます。そのため腰を丸めた状態になってしまいます。

 

 

深く呼吸できる姿勢

腰に負担をかける座り方があるなら、立ち方はどうなんだ?
という話の流れで、アドバイスされていたのが呼吸。

自然に深く深呼吸できるポジションを探しましょう。
的なアドバイスがあったんですね。

 

さすがにわかりやすくて、とてもよいアドバイスですね。
たとえばレコーディング。

レコーディング

歌手がレコーディングを行う場合、マイクの位置は立った位置。
そもそも座らないですよね。

そりゃ、座るより立った方が呼吸もしやすく声も良くでるから。
まさに呼吸を深く自然にできる姿勢です。

 

つまり、
パフォーマンスを発揮するための姿勢をとることが、結果的に腰痛予防になるわけです。

素人のカラオケだって、気合いが入ったら立っちゃったりしますから。
わかってるんです、素人でも。

 

ということで、毎度の同じオチですが、腰痛になりたくなければ高く座りましょう。
腰痛に成らない座り方、できれば立つのがベストですけどね。

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

腰痛あばよ!腰を痛めない正しい座り方の注目記事を受け取ろう

レコーディング

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

腰痛あばよ!腰を痛めない正しい座り方の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野 一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • 腰痛の人はガン患者やうつ病くらいの損失

  • 腰痛の傾向と対策

  • 慢性的な腰痛やゆがみも解消!そのコツは呼吸♪

  • 40年後も活躍!八神純子さんの演奏時の姿勢

関連記事

  • 脊柱管狭窄症。姿勢が前かがみになりがちなら要注意。

  • 田園都市線のヘッドレストは腰痛になりそう

  • 「腹筋運動」は腰痛の原因なので推奨できない

  • 沢口愛華さん・グラビアの座り方チェック

  • さすがの姿勢!重量挙げから学ぶ腰痛にならないポイント