1. TOP
  2. 腰痛になる座り方、腰に負担をかけない座り方

腰痛になる座り方、腰に負担をかけない座り方

 2015/01/07 腰痛 座り方
この記事は約 3 分で読めます。 1,800 Views
体育座りは猫背になる

体育座りは猫背になる

 

体育座りは猫背になる

体育座りは猫背になる

 

腰痛にならない座り方はとてもシンプル。腰痛にならないポイントでお話したように、骨格を崩さなければ良いだけです。

 

座ることが多くて腰が痛くなるのなら、座り方に問題がある場合がおおいのです。 でも姿勢よくと言っても、わかったつもりになってできない人も少なくありません。

 

そこで、腰痛になる座り方というのはこの座り方ですよ、という具体例の1つが、体育座りです。 体育座りでは背筋を伸ばせません。 つまり腰が曲がってしまう座り方の代表例です。

 

体育座りになると、背骨のS字カーブ腰のうしろのくびれ(前彎・ぜんわん)がなくなっていることがわかります。 ご自身でやってみるとよーくわかります。 立った時には腰の後ろにへこみができますが、体育座りをすると丸まります。

 

でも体育座りなんて日常的にはやりませんよね。 特に椅子に座るなら、絶対い体育座りはありえません。 でも、高さが10センチの椅子だったらどうでしょうか?30センチだったらどうでしょうか? 腰は曲がったままのはずです。

 

つまり、ある程度の椅子の高さによって、姿勢が悪く腰が曲がってしまうと言うことなのです。

 

股関節の可動域は60度

 

股関節の可動域は60度

股関節の可動域は60度

 

体育座りで腰が曲がって猫背になるのはわかる。 だったらどういう条件で猫背になってしまうのか? それは股関節の角度できまります。 股関節の可動域は60度程度なので、膝を上げて座るなということなのです。

 

でも股関節の角度は意識しにくいですよね。 膝の高さのほうがわかりやすいでしょう。 立ち姿勢と体育座りを比較するとこうなります。

 

  • 立った状態=膝は下がった状態=股関節を伸ばした状態
  • 体育座り=膝を高く上げた状態=股関節を120度くらいに曲げた状態

 

でも普段は股関節の角度なんかは気にしませんよね。 だからいつのまにか腰に負担をかけていて、あるタイミングでギックリ腰というパターンになったりするわけですね。 この股関節の可動域を知っておくと、腰痛にならない座り方ができるのでおすすめです。

 

腰痛になりたくなければ、腰に負担をかけることは避ける。 その基準のすべては、あなたの体が主役だということです。

 

 

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

腰痛にならない座り方の注目記事を受け取ろう

体育座りは猫背になる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

腰痛にならない座り方の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kuwanokazuya

この人が書いた記事  記事一覧

  • 腰痛の原因は、仙腸関節のゆがみ

  • 田園都市線のヘッドレストは腰痛になりそう

  • 森下千里のゴルフ姿勢にヒントあり

  • 70度・ランドセル職人の座り方

関連記事

  • 医学的には非常識?自分の体でしゃがみ姿勢チェック

  • スタンディングデスク歴10年

  • 背もたれ座り・座り方タイプ診断

  • その座り方は大丈夫?腰痛の原因になる正しい座り方

  • 座禅から学ぶ、骨盤を立てて姿勢よく座る方法

  • マツダの正しい運転姿勢