背もたれ座り・座り方タイプ診断

背もたれによりかかる座り方

椅子に姿勢良く座るには背もたれを使う必要はない(使ってはいけない)ということは解説しましたが、今回は逆に、なぜ背もたれによりかかってしまうのか?というのを解説したいと思います。

椅子と画面の位置が低い

背もたれによりかかってしまう背もたれ座り。 若い男性に多いと思われる座り方です。 姿勢を見ても猫背になっていることが分かるでしょう。 ※画像のフィギュアなので腰のS字がありますが、現実にはS字は保てません。

この背もたれ座りの根本的な原因は、本人の姿勢ではなく環境です。 椅子が低く、見ている画面の位置も低い。 かつ、作業内容がマウス中心の場合が多いはずです。

まず人間は、ほぼ正面かつ中心で見る必要があります。 眼球の構造上、 そのため、画面の位置によって、顔の位置が決まってしまうのです。

本棚の下段を見るときは、しゃがむ

本棚の姿勢

見るものによって顔の位置が決まってしまう。 わかりやすい例が、本棚です。 本屋さんで本を探している時など、背表紙でタイトルを確認しますよね。  この時に、膝くらいの高さの場合、しゃがむはずです。

眼球だけ下を見たり、首を曲げたりしませんよね? 膝くらいの高さならしゃがんで正面から見ているはずです。 眼球は、正面から見るのが楽だからです。

つまりパソコン作業をするような場合でも、画面の位置が低いと頭も低くしたほうが楽です。 が、椅子に座っている時は頭を下げることができません。 そのかわりに、お尻を前に出して座ることで、頭を下げているのです。

もっと低くなると、床に座ってしまうかもしれません。 私が会社員時代は、膝立ちで仕事をしていた覚えがあります。 今思い返せば、すべてが低かったですね。

背もたれ座りの大きな原因は以上のような問題があるのです。

対策としては画面の高さを上げることで解消するはずです。 ただ、あくまでも椅子と机と画面の位置で姿勢は決まってしまうので、例外もありますが。

背もたれ座り

コメント

タイトルとURLをコピーしました