1. TOP
  2. 脊柱管狭窄症。姿勢が前かがみになりがちなら要注意。

脊柱管狭窄症。姿勢が前かがみになりがちなら要注意。

美容・ダイエット
この記事は約 2 分で読めます。 84 Views
腰部脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症とは

腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)とは、背骨の神経の通り道が狭くなることで、痛みやしびれなどが発生する症状です。

 

背骨の中は、「脊柱管」といってトンネルのように空間があります。
でも「脊柱管」が圧迫されたりすると内部が狭くなります。

すると内部の神経や血管が圧迫されて異常が発生します。

 

もっともこの症状を自覚できる人は、ちょっといないでしょう。
違和感から病院へ行って「脊柱管狭窄症」と診断されるのが普通です。

 

脊柱管狭窄症の症状

脊柱管狭窄症の症状は、痛みやしびれです。
背中に通る神経や血管の働きが悪くなるため、しびれや痛みの原因になります。

 

  • 前かがみの姿勢がラクに感じる
  • 100mくらい歩くと、腰や足にしびれを感じる
  • 慢性的な腰痛がある
  • 10分くらい立っていると足がしびれる

 

これらに該当するなら、病院で検査を受けた方がよいでしょうね。

原因は「加齢」と言われていますが、前かがみや腰の反らしで症状が変わります。

それを考えると、日常の姿勢のとりかたが影響しているでしょうね。

 

10人に1人程度で、死ぬような病気でもない。
この点は安心なのですがが、歩くことができなくなるのは大きなリスクです。、

普段の姿勢には気をつけたいですね。

 

\ SNSでシェアしよう! /

腰痛の治し方の注目記事を受け取ろう

腰部脊柱管狭窄症

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

腰痛の治し方の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野 一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • 脊柱管狭窄症。姿勢が前かがみになりがちなら要注意。

  • ゼロトレのすごさは、かかと重心

  • こんなイスに座ると腰痛の原因になる、というわかりやすいビキニ美女の画像

  • ギックリ腰からヘルニア堕ちを予防する、正しい姿勢をたもつ座面の角度

関連記事

  • さすがの姿勢!重量挙げから学ぶ腰痛にならないポイント

  • 「腹筋運動」は腰痛の原因なので推奨できない

  • 田園都市線のヘッドレストは腰痛になりそう