本ページはアフィリエイト広告・プロモーションが含まれています

イスと机のバランスが大切!都丸紗也華さんの座り方

【ゼロポジ座り】でもわかるように、腰に負担をかけずにすわるにはイスの高さが必要になります。 でもイスだけを高くしてもこれがまた、うまくいきません。

 

都丸紗也華・FLASH 6月25日号

今回はちょっとパターンを変えて、机が高いという事例です。

 

都丸紗也華・FLASH 6月25日号

【画像引用】FLASH 6月25日号・「Fカップの輪郭を拝め!」

 

都丸紗也華さん、FLASH 6月25日号のグラビアポーズです。
※写真集の評価ではなくあくまで腰痛と座り方について

 

座り方のポイントは【机の高さ】です。

 

机の高さ

この写真で分かるのは、机が低いことです。
そのため、腰を下げることで上半身を低くして調節しているのです。

もっともオフィスのデスクでもないので、短時間の作業であれば問題ないのでしょう。。

 

今回の座り方はこんな感じでしょうか。
思ったよりわかりにくくできてしまったのですが、続けます。

座り方と机の高さ

↑このイラストの違いは、右は腰の反りを強くしています。

上半身を猫背のように前に傾けています。
そのため頭の高さも違うんですね。

 

グラビアではイスを引いているけど、イラストでは上半身を前にだしています。

どちらにしても机の高さが低いので、イスを引く(グラビアの写真)、上半身を前に出す(イラスト)ことで高さを調整しています。

 

このように、イスの座り方だけを変えても、机の高さが合わないと姿勢が悪くなってしまいます。

腰痛にならないためにはイスだけじゃなく、机の高さも合わせる必要があるということです。

 

あなたの今の姿勢、下を向いて画面を見ていたら要注意です。
うつむかないで画面を見られないか?と心がけてみてください。